キレイと温活
ホーム > 健康 > 花粉症対策で洗濯物の注意点

花粉症対策で洗濯物の注意点

花粉症で苦しんでいる人は多く自分に合った花粉症対策をする事が大切です。

花粉症対策の一つとして、家の中に花粉が入り込むのを防ぐ方法があります。

ひとつは、外出時に付着した花粉、二つ目は換気した際に入り込む花粉、見つめが干していた洗濯物に花粉が付着する事です。

洗濯物は出来るだけ太陽に当てて洗濯物を干したいと思いますが、その干した洗濯物に付着した花粉で症状が悪化してしまう場合もよくあります。

花粉の時期には、出来るだけ洗濯した物は外に干さない事です。

もし、外に干した場合の対策として洗濯した物を取り込む際に付着した花粉を落としてから取り込んだ方がいいです。

最近では、花粉症の対策の商品が多く販売されており、部屋干し用の洗剤も多く販売されますし乾燥機付きの洗濯機も多くありますので、もし洗濯機を買い換える際には乾燥機付きにするのもいいかもしれません。

洗濯物だけではなく、布団も外に干すとその夜クシャミや鼻水が止まらなくなってしまう事もあります。

その原因は、布団に付着した花粉が原因になっています。

花粉の多い時期は、できるだけ布団も外の干すのは止めた方がいいです。

どうしても布団を干したい場合には、花粉の付着しないスプレーなども販売されていますので、そういったスプレーを利用した方がいいです。

また布団を干す時間を、出来るだけ花粉の飛散していない時間にしたり、取り込みの際の掃除をかけて付着した花粉を取る工夫も大切です。オリゴ糖シロップの効果を実感できないなら・・・