キレイと温活
ホーム > 武蔵野線の混み具合 > 武蔵野線の混み具合について考える

武蔵野線の混み具合について考える

通勤で武蔵野線を利用している。利用して半年ほど経つが聞いていたほどひどくない。そんなにとまらないし、のんびりと広がる関東平野の風景は割と気に入っている。スカイツリーも海も見えるし、冬なら富士山も見える。車両を選べば途中から座れる。残念なのは服装に気を使っている人、もといオシャレな人が少ない。かといって作業着の人もあまり見かけない。不思議な電車だ。新木場駅の混み具合は異常だし、電車の本数は少ない。15分待つとか都内でなかなかないと思う。帰りはレインボーブリッジや葛西臨海公園の観覧車、ディズニーランドの夜景を見て疲れを癒す。月曜はいつもより混む、遅れることが多い。あとは春休みや連休などディズニーに行くグループやカップル、家族などで車内がうるさくなる。子連れでディズニーから帰る家族は大変そう。地方から修学旅行で東京へ来たような学生グループなどは会話が微笑ましい。降りる駅を気にする子、可愛い子を探している子など様々。気軽に乗れるのは良い。週末はレイクタウンへ行く家族でいっぱい。この辺りは開発がどんどん進んでいる。三郷あたりのなにもなかったところにイケア、ららぽーと、そして前述のレイクタウン。武蔵野線まだまだアツい。

女性ひげ脱毛家